資産運用の記録

2020年4月末 投資運用成績

引き続きコロナの影響が響く市況。
原油も取引価格がマイナスをつける異常事態もあいりました。

今回から記事内容が冗長的だったので内容の簡素化を行っていきます。

今月の損益状況

あいかわらずの状況ですが投資市況は改善しつつあります。
先行きはまだ見えず、あいかわらずコロナの猛威が吹き荒れています。

ですが市況は4月末に向けて上昇志向で改善の様相を呈しています。
それを反映して評価額も改善しつつあります。

先月はマイナス20%目前まで下落しましたが随分回復しました。

この時期になにかしらの投資を開始したひとはプラスな成績を見ているでしょうね。

経済指標 2020年4月

未だ警戒は必要ですが、
コロナの新規患者の増加率は落ち着きを見せつつある中で
株価も回復の様相を見せています。


原油先物に関してはのちのち語り継がれるであろうマイナス価格をつけました。
理由としては
・先物取引は期日到来により現物を受け取る必要がある
・コロナにより原油の需要が大きく減った
・一部原油国の増産により供給過剰だった
・原油の貯蔵設備に限界量になっていた
などが影響しました。

投機家は現物の受け取りはしたくないけど期日がせまっている。
一方で原油を備蓄するにも費用がかかり、
設備的にもこれ以上の備蓄ができない。
これにより、
投機家「いまある権利をすぐに手放したい」
+
製造側「これ以上は備蓄できないからお金を払ってでも処分したい」
……が合わさりこのような下落につながりました。

大きく荒れた原油先物も減産への合意も進むにつれて
まだまだ低価格ですが市場は落ち着きを見せてきています。


しかし、国内では緊急事態宣言も延長し、
大型連休に対してもひとの動きを制限する状況です。
観光業は大打撃です…

まだ投資としても今後の業績への影響が明るみになるにつれて
各期の業績発表によっては大荒れすることもあるのではないでしょうか。


ビットコインは半減期目前のため大きく値上がりしております。
ビットコインは現状2100万枚を発行上限と規定しておりますが、
今後の世界共通貨幣としての需要増などにより
大きく価値が値上がりする期待もあります。

通常の貨幣の信頼はその国への信頼になります。

情勢不安定で貨幣価値が大きく上下して紙くずになるくらいなら
ビットコインへ逃げようという”金(ゴールド)”のような
世の中の期待感が大きくなれば需要増で
今後は価値も上がることになるかもしれません。

日経平均株価
ダウ平均株価
ドル円

ビットコイン

原油価格

2020年4月の運用成績

つみたてNISA

運用状況

つみたてNISAに関してはほぼ投資額にまで改善しております。
今月は下落しているあいだに購入した分に関しては利益がでており、
通算成績としてはほぼ回復といえる水準に戻ってきました。

追加額と損益

当月追加投資 34,880円 

トータル損益率は-2.93%(前月-18.32%)です。

投資信託

運用状況

月始めの一度の購入のため評価額の底値は拾えていません。
その影響か、評価額の回復がつみたてNISAに比べると劣ります。

値下げ相場では下値を拾えない機会損失がのちのちに影響しそうです。
このような下げ相場では購入を複数回に分けて購入なども考えてよいのかもしれません。わたしはほったらかし投資をしたいので手動で回す必要があるのならやりませんが。

追加額と損益

当月追加投資 53,029円(内ポイント3029)

トータル損益率は-5.55%(前月-19.21%)です。

WealthNavi

運用状況

こちらも少しずつ回復。
しかし、先月末の下落率は一番低かったのですが回復も一番遅いです。
手数料も現状で年1%と高いので少し不満があります。

資産内訳をみると、こういった状況では金が強いですね。
好景気などで株式市場が好調になったときに
金を積み立てておくのも一考です。

いまは現状の投資内容を維持しますが、
相場に不安があり金相場も下落していたら
有事に備えて積立対象を金にシフトチェンジというのも
選択肢にしておきます。

追加額と損益

追加投資 10,000円 (通算530,000円)

トータル損益率は-6.98%(前月-14.37%)です。

QuantX(株式予測アルゴリズム)

今後の運用について

しばらくお休みしていましたが、株式アルゴリズム用としていた資金で長期保有目的の株式購入を進めたので本格的に休止いたします。

資金に余裕が出たり上昇相場になったら再開を検討いたします。

まとめ

もともとは働き手不足の日本市場。
労働側としてはギリギリで回せていた仕事は回らなくなり、
コロナの影響で経済的に体力が乏しい企業は大きな痛手を受けていると思います。

しかし、低賃金なブラック企業が受けた痛手が致命傷になり…といった先にはそこに停留していた人材の流動が起こって、良い循環のきっかけになったりしてくれないでしょうか。

また、いまだに労働人口が多かったから通用したようなアナログに頼り切った業務(ハンコ文化など……)が旧態依然の志向から本当の先進国として進んだ社会づくりに舵取りが進むなどしてくれないでしょうか。

悲観的なニュースが多く、実際にいま、目の前の生活に困っているひとも多くいます。特別給付金もありますが、生活固定費はすぐには削れませんし支払猶予はあっても免除にはいたらず、いっときのクスリにしかなりません。過剰な自粛の世相に翻弄されるひともつらい思いでいます。

いまはとにかくこの現状が早く収束し、そのあとに「コロナ以前に元通り」ではなく「コロナでの犠牲を決してムダにせず大きな発展へ進んだ」といえるような未来を迎えることを願います。

ABOUT ME
みらんく
そのとき取り組んでいることを記事にして備忘録として作成。いろいろ手を出します。